任意整理を5分で学ぶ

任意整理とは、債権者と交渉し、借金を整理する手段のことです。

債務整理の1つです。

債務整理とは、借金を整理すること、または借金を整理する手段のことです。

任意整理の他に、自己破産、個人再生、特定調停があります。

任意整理は、債務整理の一番軽いやつ。

比較的、借金の額が小さく、担保や保証人がないなど、条件が入り組んでない債務に対して使うことが多いようです。

任意整理におけるメリットとデメリット

任意整理には、メリットとデメリットがあります。

任意整理のメリット
借金の額を減額できることがある

返済期間を延ばすことができる

金利をカットすることができる

和解までの間、返済しなくてよい(返済をストップできる)

任意整理のデメリット
ブラックリストに載ってしまう

司法書士が弁護士に依頼すると、費用がかかってしまう

重要なことなので、1つずつ説明していきましょう。

メリット1 借金の額を減額できることがある

1つ目のメリットは、借金の額を減額できることがある、です。

任意整理は、債権者であるクレジットカード会社や消費者金融と交渉します。

その際、一般的には借金の減額の交渉もします。

その減額交渉に債権者が応じれば、借金が減額されます。

いくら減額されるかは、交渉次第、相手次第です。

もちろん、減額されないこともあります。

なので、任意整理をすれば絶対に借金が減額される、というわけではないのです。

メリット2 返済期間を延ばすことができる

2つ目のメリットは、返済期間を延ばすことができる、です。

一般的には、3年間に延ばすことができるようです。

36回での返済ということです。

ただし、交渉次第では5年間くらいに延ばすことができます。

60回での返済ということです。

私は、5年間で交渉してもらい、その条件で和解できました。

もちろん、これも交渉次第、相手次第なので、返済期間を延ばせないこともあります。

借金の額が少ない場合は、返済期間を延ばせないことも多いようです。

メリット3 将来的な金利をカットすることができる

3つ目のメリットは、金利をカットすることができる、です。

この金利とは、過去に支払った金利ではなく、将来的に発生するであろう金利、のことです。

金利をなかったことにして、過去に支払った金利を返してもらうというわけではありません。

任意整理後の返済で、金利がカットされるということです。

この金利カットについては、ほとんどの場合、応じてもらえるようです。
「金利なんかたかが知れている。ついたってつかなくなって、どっちでもいい」

そう思っている方は、借金地獄から抜け出すことが難しいと思います。

金利がつくのと、つかないのでは、全く条件が違います。

金利がつかないだけでも、借金の返済はかなり楽になります。

このことが分からないようでは、とても借金地獄から抜け出すことは難しいでしょう。

ちょっと上から目線で申し訳ありませんが、私の素直な意見です。

メリット4 和解までの間、返済しなくてよい

4つ目のメリットは、和解までの間、返済しなくてよい、です。

一般的に、任意整理では司法書士、または弁護士と委任契約を結びます。

委任契約を結ぶと、司法書士や弁護士は債権者に受任通知を送付します。

この受任通知を、債権者である消費者金融やカード会社が受け取ると、一時的にですが、返済がストップされます。

今まで毎月していた返済をしなくていいというわけです。

これは、債権者と和解が成立するまでの間続きます。

和解が成立するまで、返済しなくていいわけです。

これは大きなメリットです。

私はこの説明を司法書士から受けた時、「これは助かる」と思いました。

この期間に、滞っていた家賃や公共料金を支払うといいでしょう。

デメリット1 ブラックリストに載ってしまう

次は、デメリットについて説明します。

一つ目のデメリットは、ブラックリストに載ってしまう、です。

あのブラックリストです。

これにより、絶対とは言いませんが、新たな借り入れができません。

そのため、任意整理後は基本的に現金払いになります。

私が預貯金を持っているのは、このためでもあります。

デメリット2 司法書士や弁護士の費用がかかる

二つ目のデメリットは、司法書士や弁護士の費用がかかる、です。

一般的に、任意整理は債務整理に強い司法書士か弁護士に依頼します。

当然、費用がかかるわけです。

任意整理の費用についての詳しい説明はこちらの記事を参考にしてください。
任意整理費用の記事

この費用は、ほとんどの事務所で後払い・分割払いが可能です。

後払い・分割払いにした場合、任意整理後の一定期間は、借金の返済と費用の支払いが重なることになります。

費用の分割払いが終わるまで、両方とも支払っていくというわけです。

このあたりで破綻しないように注意しましょう。

以上が、任意整理のメリットとデメリットです。

任意整理は、メリットとデメリットを理解すれば、どのような債務整理方法なのかということがわかります。

しっかりと理解しておきましょう。

任意整理を検討している方は、司法書士の無料相談を受けましょう。

そして、任意整理が必要なのかどうか、別な債務整理の方が良いのかどうか、というのを見極めてもらってください。