知人に借金を申し込みました

策に行き詰まった頃、ダメ元でサラリーマン時代の元同様に連絡を取り、借金を申し込みました。

すると、30万円を貸してくれました。

実は、かつて、私はこの同僚にお金を貸したことがあるのです。

私が会社を辞め、自営業で仕事を始めました。

それから約1年後、この同僚が「俺も会社を辞めて、自分で商売を始める。力を貸してくれないか」と相談してきました。

そこで、自営業の先輩として、色々とアドバイスをしました。

その時、この同僚に30万円を貸したのです。

そういう経緯があったため、お金を貸してくれたんだと思います。

融資条件は、以下の通りです。

金利なし

月々1万円ずつの30回返済

無理なく返済できそうな条件ですが、既にあちこちからいっぱい借りていたので、1万円ずつ払っていけるかどうか、不安でした。

知人はそれをわかっているかのように、「無理そうなら事前に言ってくれ。1、2ヶ月なら待つから」と言ってくれました。

しかし、それでは快く貸してくれた知人に申し訳ないので、なんがなんでも月に1万円を返済しようと思いました。

こちらの借金は、既に完済しています。

知り合いで借りたのは、この知人だけです。

他に貸してくれそうな人がいなかったからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です