リボ払いで借金地獄

収入が落ち込んでからは、4枚のクレジットカードでやりくりをしていました。

しかし、収入が減るばかりですから、すぐに支払いがきつくなってきました。

そんなとき、「リボ払い」というのがあるのを知りました。

リボ払いとは、リボルビング払いのこと。利用の件数・金額にかかわらず、毎月の支払額が一定になる支払い方法のことです。

少し調べて月々の支払いをシュミレーションしてみたら、だいぶ減ることに。

これでしばらくつなげる。その間に売り上げが回復すれば。

と思いました。

実際、リボ払いに切り替えたら月々の支払額がだいぶ減り、しばらくの間、しのげました。

なんと素晴らしい「支払いシステム」だ。

魔法のようです。

しかし、リボ払いへの切り替えがよかったような、悪かったような、どちらとも言えません。

リボ払いに切り替えてことで月々の返済額がだいぶ減り、楽になったことは確かです。

しかし、それは一時だけ。

当然のことながら 、借金の額がなかなか減りません。

そうこうしているうちに、4枚のクレジットカードの利用額がほぼ限度額いっぱいになってしまいました。

常に、利用可能額を気にしながらカードを使う、といった感じです。

そしてとうとう、クレジットカードを利用することができなくなってしまいました。
それとほぼ同時に、カードの支払いもできなくなってしまいました。

リボ払いに切り替えたことで借金が増えたわけではありません。
だから、リボ払いで借金地獄になったとはと思いませんでした。
リボ払いによって、飛ぶまでの期間が少し延びただけです。
リボ払いにしてもしなくても、遅かれ早かれ、返済不能、支払不能になったわけです。

このブログ読んでいる方の中には、私と同じように、クレジットカードでやりくりしている方もいることでしょう。
そして、リボ払いでなんとかしのいでいる方もいるはずです。
2、3ヶ月先に支払不能に陥りそうであれば、早めに債務整理の相談を受けたほうがいいでしょう。
早いほうが打つ手が多いからです。
遅くなり、追い込まれてしまえば、打つ手が限られてしまいます。
また遅くなれば遅くなるほど、借金が増えていき、生活を立て直すのに時間がかかってしまいます。
そうならないために、早めに債務整理の相談を受けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です